呼吸法

呼吸法

ヨガというのは体だけでなく、心も体も綺麗にするものと言われています。

 

そんなヨガでもっとも大切だと言われているのは、「呼吸法」といわれています。

 

それでは、生きるためにもっとも重要な動きに他ならないものです。

 

実際皆さんは生きる上で必ず呼吸というものを行っているはずです。

 

あまりに自然のこと過ぎて、意識をする人も少ないのではないでしょうか。

 

皆さんは生まれてから死ぬまで、誰に教わることもなく、一時も休まずに呼吸を繰り返すことになります。

 

呼吸というのは私たちにとって当たり前のこと過ぎて、

 

日常生活では呼吸の大切さを意識して考えることはほとんど無いと思います。

 

ですが、この呼吸の「大いなる恵」に意識を向けるというのがヨガの呼吸法になります。

 

生きるために当たり前になっている、息を「吸う」「吐く」などというこの二つの行為というのは、

 

肺の動きを改善していき、免疫力を高めて疲れにくい体質を作ることや、

 

深く呼吸をすることで血流が促されて、

 

多くの女性が悩まされる冷え性や生理不順が改善されるといわれています。

 

生まれたときから一度も欠かしたことがない当たり前になっている呼吸を、

 

ヨガでは「意識」をしながら行うことになります。

 

ゆっくりと深い呼吸を繰り返すことであなた本来の落ち着きを取り戻して、心が静まっていくはずです。

 

このように、「呼吸」という当たり前の動作がヨガにとってはまず基本になり、重要なものになっています。

 

普段無意識に、当たり前のように行ってきている動作を意識することで、

 

気持ちを高めるというものもあるのでしょう。

 

このような呼吸法について意識し、姿勢をただし、心も体も綺麗にしていってみてはいかがでしょうか。

 

普段自然に行っているものだからこそ、このように意識してみるのは面白いものになるのではないでしょうか。