リラックスの反対とは

リラックスの反対とは

リラックスときくと、心地よいイメージや、ゆっくりしたイメージが強いと思います。

 

人それぞれのイメージがあっても、大抵は忙しいイメージはしないものではないでしょうか。

 

そのリラックスにはもちろん、反対のものがあります。

 

リラックスの反対とは何か。

 

それは、イライラや緊張という事になります。

 

イライラや緊張をしているとき、

 

そんなネガティブな感情になると思います。

 

この時の脳波はβ波と呼ばれる周波数が

 

優位になっています。

 

このような時はもちろん集中が出来なくなります。

 

元々リラックスに必要なのは集中というものです。

 

それが出来なくなり、

 

物事のとらえ方もマイナス思考になりやすくなってしまい、 

 

うまくいかない原因を自分以外の人や物のせいにしてしまいます。

 

そしてこの時のエネルギーは自分を含めて様々なものに対し

 

破壊・腐敗・後退というような悪い影響を与えてしあみます。

 

イライラした状態などで植物の世話を続けていると、植物はものの見事に枯れてしまうといいます。

 

これはもちろん動物に対しても同じことです。

 

さらに言えば、人間に対しても同じという事です。

 

イライラしながら作った料理は、エネルギー的に腐敗しています。

 

人間関係も破壊していき、将来の夢や希望も崩壊していってしまいます。

 

そして気がつけば、自分自身を破壊しているということにつながります。

 

リラックスをすることが重要になるのは、将来につながる自分たちがこのようにならないためでもあるでしょう。

 

リラックスの反対であるイライラや緊張というのは、このように人に大きく悪影響を及ぼします。

 

自分がリラックスできる方法を知るというのは、基本的に人生が成功へと傾く第一歩なのではないでしょうか。

 

ヨガ・リラックス、ヨガで快適ライフを送ろう!をお役立てください。