初めてのヨガ☆ヨガで快適ライフを送ろう!

ヨガとは。。

ヨガというのを皆さんはご存知でしょうか。

 

別名だと「ヨーガ」とも呼ばれているようです。

 

アーサナ(姿勢)やプラーナーヤーマ(呼吸法)のみを重視する健康ヨガのようなものであったり、

 

瞑想による精神統一を重視するというものまでも、種類は様々です。

 

狭義には、六派哲学のヨガ学派から始まりました。

 

すなわち、個体魂の神への結合を実現するための実践体系のことを指します。

 

また、ヨガは現代人の生活にとても入り込んでいます。

 

洞窟潜水などに

 

ヨガを取り入れているダイバーなどもいるとの事です。

 

最近ではヨガを取り入れるスポーツクラブもありますが、

 

そういったヨガは、

 

本格的なヨガとは似て非になるものも多いようです。

 

実際、ダイエットをするにあたって

 

ヨガを基本としたダイエットほうを行っているという人も

 

いることでしょう。

 

女性の悩みとして多いのは、

 

スタイルなどのことに関してだと思います。

 

その中でもヨガは、スタイルを維持するのにはいい運動になるのではないでしょうか。

 

体の気の流れを操るというのもありますし、また、体の動きをよく学んでおこなわなければならないものです。

 

スポーツジムやダイエットに使われるヨガというのは、

 

本格的なヨガがというよりは、ダイエットなど用にヨガを応用したものを行われているものもあります。

 

ヨガがベースとなった動きということになるでしょう。

 

本格的というよりは、ダイエットなどをメインとしたものになりますので、

 

あくまでヨガなどは基本となりますが、

 

そういったところでも皆さんの身近なところにヨガというのは存在します。

 

難しく考えてしまう人もいることでしょう。

 

ですが、何気に身近なものになっていますので、

 

もしやってみたいと興味がある人は本格的でなくても、できる範囲でやってみてはいかがでしょうか。

 

ミドリムシサプリ おすすめ

 

準備するもの

何かを行うにあたって、まずはそれについて詳しく調べることが必要になってきます。

 

その中でも、まずは注意点などをよく知っておきましょう。

 

とくに体を動かす事となれば、怪我などの恐れもあります。

 

万が一のこともありますから、そういった情報は基礎として集めるのが大切です。

 

ちなみにヨガの場合は、まず準備するものとして体を締め付けない服装が大切になります。

 

体を締め付けてしまうようなものとなると、ヨガには向いていません。

 

リラックスをして、呼吸を行い、自然な動きを行うにはまずそういった服装が必要になるでしょう。

 

そして次には環境を作りましょう。

 

リラックスしやすく、落ち着いて体を動かせる環境づくりは重要です。

 

手足をのびのびと動かせる場所で、呼吸を意識してやってみましょう。

 

家庭でのヨガを行う場合は、このような環境づくりと、服装が整ったら、

 

次は体を動かすための情報を入手しましょう。

 

どのように体を動かせばいいのかというのは、ちゃんと学ばなければなりません。

 

もちろん準備運動をしっかりとして、体を壊さないようにするのは当たり前です。

 

ですが、ちゃんとしたヨガの動きを行ううえで、無理をしてはいけないところ、

 

気をつけなければいけないところというのは沢山あるでしょう。

 

体というのは無理に伸ばしたり動かしたりというのは禁物になります。

 

ちゃんと体の構造を理解して、

 

無理のない動きを行わなければヨガにも

 

意味がありません。

 

ヨガの効果を期待する場合は、

 

必ず正しい動きをしなければ意味がない

 

という事です。

 

ただ無造作にヨガと同じ形をとっても、効果が出ないという人は

 

そのようなポイントを見逃している場合があるという事です。

 

ポイントをしっかりと抑えて、準備するものもぬかりなく用意していきましょう。

リラックスする方法

皆さんはリラックスする方法というのをご存知でしょうか。

 

イライラ状態から、リラックス状態に切り替えられる方法やアイテムを持っていることはとても大切になります。

 

皆さんは、そのようなものを普段から意識して、そういうアイテムを見つけておく、

 

そういう技術を身につけておくという事、これは大きなポイントになります。

 

特に大切だといわれているのが、「普段からそういう意識を持って」というものが大切だといわれています。

 

普段からリラックスを意識していなくて、イライラしてしまってからリラックスの方法を探しても、

 

それは遅いのです。

 

例えるなら、心安らぐお気に入りの曲や、お気に入りの香りなど。

 

また、お気に入りの写真やお気に入りの場所、

 

お気に入りのマスコットや、スカッとする体操など。

 

様々なものがあると思いますが、いわゆる好きなことやもの、

 

気持ちのいいことです。

 

そして、リラックスとは集中という事ですから、

 

何かひとつに集中する事が、

 

イライラからリラックスに切り替える方法になります。

 

どこか好きなところ一点を見つめる、

 

好きな音を一つ聞き続けるなど、

 

そんなことも普段から練習しておくと役に立つと思います。

 

リラックスする方法を普段から意識していないと

 

どうして駄目なのか。

 

その理由は、イライラしてからでは、

 

集中しようとすることすらかき消されてしまったりするからです。

 

イライラしているときの思考というのは、普段の冷静な思考とは離れているものがあります。

 

そのため、リラックスをしようと思っても、思うようにいかない場合もあります。

 

普段からリラックスを意識することで、少しでもイライラしたときに冷静さをとりもどし、リラックスができる何かを

 

見つけましょう。

 

少しのイライラに気づいて、すぐに対処をすることで、イライラしにくい体を作るのは大切なことです。

 

リラックスする方法は様々ですが、

 

皆さんも沢山の方法をためして、自分の集中できる何かを見つけてみましょう。

 

 

 

リラックスの反対とは

リラックスときくと、心地よいイメージや、ゆっくりしたイメージが強いと思います。

 

人それぞれのイメージがあっても、大抵は忙しいイメージはしないものではないでしょうか。

 

そのリラックスにはもちろん、反対のものがあります。

 

リラックスの反対とは何か。

 

それは、イライラや緊張という事になります。

 

イライラや緊張をしているとき、

 

そんなネガティブな感情になると思います。

 

この時の脳波はβ波と呼ばれる周波数が

 

優位になっています。

 

このような時はもちろん集中が出来なくなります。

 

元々リラックスに必要なのは集中というものです。

 

それが出来なくなり、

 

物事のとらえ方もマイナス思考になりやすくなってしまい、 

 

うまくいかない原因を自分以外の人や物のせいにしてしまいます。

 

そしてこの時のエネルギーは自分を含めて様々なものに対し

 

破壊・腐敗・後退というような悪い影響を与えてしあみます。

 

イライラした状態などで植物の世話を続けていると、植物はものの見事に枯れてしまうといいます。

 

これはもちろん動物に対しても同じことです。

 

さらに言えば、人間に対しても同じという事です。

 

イライラしながら作った料理は、エネルギー的に腐敗しています。

 

人間関係も破壊していき、将来の夢や希望も崩壊していってしまいます。

 

そして気がつけば、自分自身を破壊しているということにつながります。

 

リラックスをすることが重要になるのは、将来につながる自分たちがこのようにならないためでもあるでしょう。

 

リラックスの反対であるイライラや緊張というのは、このように人に大きく悪影響を及ぼします。

 

自分がリラックスできる方法を知るというのは、基本的に人生が成功へと傾く第一歩なのではないでしょうか。

 

ヨガ・リラックス、ヨガで快適ライフを送ろう!をお役立てください。

呼吸法

ヨガというのは体だけでなく、心も体も綺麗にするものと言われています。

 

そんなヨガでもっとも大切だと言われているのは、「呼吸法」といわれています。

 

それでは、生きるためにもっとも重要な動きに他ならないものです。

 

実際皆さんは生きる上で必ず呼吸というものを行っているはずです。

 

あまりに自然のこと過ぎて、意識をする人も少ないのではないでしょうか。

 

皆さんは生まれてから死ぬまで、誰に教わることもなく、一時も休まずに呼吸を繰り返すことになります。

 

呼吸というのは私たちにとって当たり前のこと過ぎて、

 

日常生活では呼吸の大切さを意識して考えることはほとんど無いと思います。

 

ですが、この呼吸の「大いなる恵」に意識を向けるというのがヨガの呼吸法になります。

 

生きるために当たり前になっている、息を「吸う」「吐く」などというこの二つの行為というのは、

 

肺の動きを改善していき、免疫力を高めて疲れにくい体質を作ることや、

 

深く呼吸をすることで血流が促されて、

 

多くの女性が悩まされる冷え性や生理不順が改善されるといわれています。

 

生まれたときから一度も欠かしたことがない当たり前になっている呼吸を、

 

ヨガでは「意識」をしながら行うことになります。

 

ゆっくりと深い呼吸を繰り返すことであなた本来の落ち着きを取り戻して、心が静まっていくはずです。

 

このように、「呼吸」という当たり前の動作がヨガにとってはまず基本になり、重要なものになっています。

 

普段無意識に、当たり前のように行ってきている動作を意識することで、

 

気持ちを高めるというものもあるのでしょう。

 

このような呼吸法について意識し、姿勢をただし、心も体も綺麗にしていってみてはいかがでしょうか。

 

普段自然に行っているものだからこそ、このように意識してみるのは面白いものになるのではないでしょうか。

自分の内側

a波より周波数が低くなってくると、意識は自分の内側に向いていってしまいます。

 

逆に高くなっていくと外側に向くようになっていきます。

 

このようなことから、自分の内側を感じていく事も、リラックスするのには大変有効なことだということです。

 

内側を感じるにはどうしたらいいのか。

 

その一つが「内観法」というものです。

 

 

 

内観法

 

楽な姿勢で椅子などに座ったり、横になった状態で行います。

 

このとき、手のひらを上にした状態にしましょう。

 

そして目を瞑り体の一ヵ所ずつを感じて生きます。

 

どこからでも良いですが、例えるなら「頭のてっぺんの一点」からスタートするとしましょう。

 

もし感じづらい場合は、指先で軽くトントンと触れてやると感じやすいと思います。

 

これを他人にしてもらうと、なお良いとされています。

 

次に右耳→首の右横→右肩→右肘の外側→右手首の外側→右親指→右人差し指→右中指→右薬指→右小指→

 

右手首内側→右肘内側→右肩の前→右胸の横→右ウエスト→右腰→右膝外側→というように、

 

右足をまわっていって左足にうつり、右とは逆にたどっていき、最終的には頭のてっぺんで終了というものになります。

 

終了したら、大きく伸びをしてみるといいでしょう。

 

 

とてもすっきりした気分になれると思います。

 

これを上手く感じることができれば、終了するまでに眠りに入ってしまってるかもしれません。

 

この眠るというのが、a波からさらに周波数が低くなったθ波という脳波の状態になります。

 

このようなものが、自分の内側を感じる方法になります。

 

その内側を感じることでリラックスできたり、それを超えるものに浸ることで、眠りにおちたりするという事です。

 

一度リラックスについて意識してみたときに、このような事も試してみてはいかがでしょうか。

人それぞれのリラックス

「リラックス」と聞くと、皆さんはどういう状態を思い出すでしょうか。

 

それは、力の抜けた状態であったり、お風呂に入ってゆったりとしている所などを想像する人もいるでしょう。

 

テレビを見ながらくつろいでいる時や、眠っている時などと言う人もいるのではないでしょうか。

 

人それぞれ、違うものや違う状況においてリラックスというのが存在すると思います。

 

そんなリラックスを目で見て確認するという、そんな方法も存在します。

 

それは、科学的には脳波計というものを使います。

 

脳はがa波と呼ばれる波長数が優位に発生している時、それがリラックス状態といわれています。

 

脳はがa波優位になってる時というのは、ひとつのことを思っているときになるようです。

 

いわゆる集中している上体になります。

 

リラックスというのは気持ちが安らぐイメージがありますが、

 

何かに集中している状態でa波が出るということは、

 

何かに集中するという事とリラックスはつながっている事になります。

 

食べることや話すことなどに集中したりしているなど。

 

何かになりきっているようなそんな状態です。

 

色々なことがプラス思考で受け止められますので、自分の持っている力を存分に発揮する事が出来ます。

 

                       どうしてこのように集中するとリラックスが出来るのか。

 

 それは、リラックスと楽しむというのにつながりがあるからです。

 

 このように夢中になり、自分の力を発揮できる状態というのは

 

 無条件で楽しい状態になると思います。

 

 そのため、自然とそれはリラックスにつながるという事です。

 

リラックスがいまいちわからないという人や、リラックスできなくてストレスが溜まるという方。

 

そのような方々は、まず自分が集中できるようなものを探してみてはいかがでしょうか。

 

好きなものであったり、何か夢中になれるものがあれば良いと思います。

 

 

成功のポイント

ヨガにももちろん、成功するポイントというものが存在します。

 

スポーツであったりダイエットなどにヨガの動きが取り入れられてる場合もありますが、

 

そのようなものにも、成功するかしないかはポイントを抑えてるかどうかでも変わってくると思います。

 

ヨガには無理にポーズをしたり、闇雲に回数をこなしたところで効果はあがらないと言われています。

 

それはスポーツなどでも同様なのではないでしょうか。

 

ですが、自宅ヨガの場には、3つのポイントを知っていれば、

 

スタジオ並みに効果があるレッスンが可能になります。

 

ベストなコンディションを整えるというのは大切なことです。

 

そのために必要なポイントとしてまず1つ目。

 

それは、体を締め付けない服装で行うという事と、満腹時はNGという事です。

 

心身ともにリラックスした状態が必要になりますので、

 

Tシャツやジャージなどという動きやすい服装に着替えてからはじめるのがいいです。

 

そして、食後すぐの運動はさけるようにしましょう。

 

1、2時間空けてからの運動が一番いいと思います。

 

2つ目に、リラックスできる環境づくりが必要です。

 

フローリングなどの硬い床の上では直接行うことは避けましょう。

 

ヨガマットであったり、バスタオルの上などを利用するといいでしょう。

 

また、散らかし放題な部屋で行うのはやはり避けたいものです。

 

物が邪魔で伸び伸びと体を動かせないとなってしまうと、まともにヨガを行うことができなくなってしまうます。

 

それはリラックスできる環境づくりとはかけ離れてしまいます。

 

3つ目には、ウォーミングアップを必ず行うという事です。

 

ヨガは激しい運動とは少し違いますが、

 

ウォーミングアップなしにポーズやエクササイズを始めるのは厳禁となります。

 

軽い準備運動で体をほぐしてからはじめるのが一番いいでしょう。

 

これをすることで効果もUPします。

 

このような3つのポイントをおさえることで、成功へつながるという事です。

 

 

α波を続けるには

θ波が優位な状態になるという事は、素晴らしい力が発揮される事が分かりますが、

 

しかしθ波の状態は通常眠っている状態になります。

 

いかに睡眠が大切なのかという事もそれで理解できると思います。

 

目が覚めているときにそういう状態になれるのは最高ですが、それは難しいです。

 

目覚めた状態でいてもθ波が優位な状態になる方法はというと、a波が優位な状態、

 

つまりは集中している状態なために、リラックスした状態を続けるという事です。

 

それを続けていくと、やがてθ波優位の状態になりやすくなるようです。

 

ひとつの物事を継続していると、通常ではない能力を発揮するのはこのためです。

 

べたラン主婦が冷蔵庫の残り物で見事に夕食を作っていくなど。

 

明らかに通常ではない能力になります。

 

料理を始めたばかりという方は、実感されるのではないでしょうか。

 

トップ企業の経営者、これは先が見えないと勤まることは難しいです。

 

先が見えるという能力も、θ波が優位だからこそ成せる技になります。

 

集中して継続していくと、潜在意識へ「集中することやリラックスする習慣」がインプットされていく

 

という事になります。

 

習慣になれば自動的に集中でき、

 

リラックスが可能になります。

 

それをベースに、

 

ステップアップしていくことが

 

可能になるわけです。

 

そしてその先には、

 

目覚めているのにθ波優位という脳波、奇跡の能力の出現があります。

 

誰もがこれをすることが可能だといわれる能力でありながら、

 

誰もが一度は求める能力なのではないでしょうか。

 

それに関係しているリラックスなどについてをよく知っていれば、a波を続けることは可能だということです。

 

集中が習慣づけば、無駄なストレスも減ります。

 

体や精神への負担が大きく減るために、物事が成功へと傾くようになるのです。